マンション管理会社をランキングサイトでリサーチ|不動産投資開始!

住宅

安定した収入が得られる

硬貨

所有している物件を不動産会社に預け、不動産会社がその物件を第三者に転貸することを「一括借り上げ」と言います。オーナーは不動産会社から借り上げ賃料を得ることができますが、そこで得られる賃料は、直接入居者を探した場合よりもやや低くなります。不動産会社に借り上げ契約における手数料を差し引かれるからです。ただ、オーナーは多くのメリットを得られます。まず、空室リスクを解消できます。自分の所有している物件に空室が数ヶ所できると、当然賃料は入ってきません。不動産投資を行なっている人からすれば、大きなマイナスとなりかねません。しかし一括借り上げシステムを利用すれば、期間中不動産会社から一定の借り上げ賃料を得られるので、安定した収益を見込むことができるのです。また、物件の管理を契約した不動産会社に一任できるというのも一括借り上げのメリットの1つです。階段やエレベーターなど、物件の全体的な部分の清掃やメンテナンス、そして入居者の手続き等、これら一切を不動産会社が請け負ってくれます。

一括借り上げ契約を不動産会社と結ぶ際は、契約書にしっかり目を通しておきましょう。「騙されている部分があるかもしれない」ということを疑うのではなく、契約における重要な点を再確認するという意味で目を通す必要があるのです。確実にチェックしておくべき点として、「賃料の見直しまでの免責期間」、「更新手数料や敷金に関する取り扱い」が挙げられます。契約書を書く前、もしくは書いた後押印する前に担当者にじっくり話を聞き、内容を確認するようにしましょう。